松井珠理奈

  • 2011/09/21(水) 19:48:40

さ、AKBシリーズ第14弾は、SKE48のメンバー、
松井珠理奈(まついじゅりな)さんです。



1997年3月8日生まれ、14歳です。
中学生ですよ中学生。
全然見えなくないですか?
大人びてるというか何というか。
AKBにはこの年齢の人はいないですね。
SKEでも多分最年少でしょう。
でも、SKEのエースなのです。
公式ニックネームはないみたいですが
「じゅりな」と呼ばれることが多いです。
あひる口がチャームポイントですね。

彼女は2008年のSKEオープニングメンバーの
オーディションで合格して、
SKEに入ることになります。
当時11歳、小学生だったようです。



これがオーディションの時の写真のようですが
とてもじゃない小学生には見えないですね。
最近の小学生って、こんなのなんでしょうか。
とにかく、この時から秋元康はビビっときたらしく
彼女を大抜擢することを決めます。
SKEデビューとほぼ時を同じくして、
AKBのシングル「大声ダイヤモンド」の
選抜に彼女を選びました。
しかも、前田敦子さんとダブルセンター、
ジャケット写真もソロがあり、という
ファンも驚く大抜擢でした。
じゅりな本人も驚いたでしょうが、
彼女はそこでも物おじせず、
見事に大役を果たして、シングルもヒットして、
松井珠理奈の名前を世間に轟かせます。
ファンの間でも賛否両論がありましたが
今では彼女の実力をみんな知ってますから
前ほど悪く言う人は少なくなってるようです。

そこからずっと彼女はSKEを背負って立つというか
常にトップで引っ張ってきました。
AKBとの仕事が増えてからも、
SKEの仕事をおろそかにすることもなく、
自分が名古屋を背負ってるんだ、ぐらいの
気持ちでやってきているようです。
若いのに、すごいですよね。
そうやってAKBと仕事することも多いので
知名度は徐々にアップしていって、
人気も全国区になっていきました。
第1回総選挙では19位で選抜入り、
第2回では10位でメディア選抜に入りました。
ですが、第3回では14位で、
メディア選抜を外れた上、同じSKEの
松井玲奈さんより下位になってしまいました。
でもこれはSKEの知名度が上がってきたからこその
結果でしょうし、松井珠理奈さん自身も
前向きにとらえているようです。
彼女はAKBで例えると、前田敦子さんというよりも
高橋みなみさんタイプ、というのも聞きます。
リーダーシップがとれるんですね。
少なからずこれからも彼女はSKEの顔でしょうし、
松井玲奈さんと一緒に
SKEを引っ張っていく存在であります。



あ、ちなみにSKEにはAKBと同じく
チームが存在していて、
チームS、チームK2、チームEとあります。
チームK2の「2」は
本当はローマ数字の2なのですが
ローマ数字は機種依存文字なので、
ここではあえてアラビア数字にしてます。
すでにAKBにチームKが存在してるので、
区別するために「2」を付けてるんですね。
じゅりなちゃんは、チームS所属です。
しかし、チームのリーダーではありません。
チームSのリーダーは平田璃香子さんです。
何故なのかは分かりませんけどね。


さ、今回は以上です。
次回は、峯岸みなみさんです。

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する