大家志津香

  • 2011/11/06(日) 09:26:32


おはようございます。
今日も朝からAKBシリーズです。
これを書き終えたら大学に行きます。

2011年総選挙第29位、
大家志津香(おおやしづか)さんです。



いつもこの冒頭の写真は
AKBのオフィシャルサイトから
頂いてきてるんですけど、
サイトがリニューアルした関係で
画像が若干凝ったものになってますね。

1991年12月28日生まれ、19歳です。
愛称は「しいちゃん」です。
福岡県出身の、地方組ですね。
同じ九州出身の指原莉乃さんとも
仲がいいようです。

彼女は、2007年の第4期オーディションに
合格して研究生になりましたが、
そこから正式メンバーになるまでに
かなりな時間がかかりました。
昇格したのは、2010年の7月。
まだ1年ちょっとしか経ってないんですね。
劇場デビューしてから実に872日という
長い下積み(研究生)時代を経験しています。
普通そこで辞めてしまいそうですが、
そこが彼女の強いところなんでしょう。
諦めずに、努力を続けてきた結果、
チームAのメンバーとなりました。

ですが、そこからも試練は待っていて、
なかなか人気が上がりませんでした。
もちろん、選抜にも選ばれず。
自分も、彼女の存在はつい最近まで
あまりよく知りませんでした。
自分が彼女のことを知ることになったのは
週刊AKBという番組での
彼女の特番でした。



人気が出ず、握手会をしても
彼女のレーンには誰も並ばず
バックヤードに入って涙をし、
街頭で自作のビラを配って
アピールをしてみたり、
ボイスパーカッションや
色んなことにチャレンジして
他の人ができなくて自分ができること
ってのを模索してみたり、
彼女が努力しているところを
放送していました。
確かに彼女には突出したものがなくて
そういうのを生まれ持って
持ってる人もいるんでしょうけど
彼女は「無ければ作ればいい」
って考えなんですね。
そういう負けん気みたいなところが
彼女を今までAKBで頑張らせて
きたんだろうなとも思うんですが、
まぁこの特番は涙ぐましいものでした。

この特番が効果あったのか分かりませんが
徐々に知名度も人気も上がってきて、
バラエティにもよく出るようになって、
彼女も頑張って体を張って
笑いをとったりしていました。
そして今年の総選挙では29位。
アンダーガールズ入りをしました。
これは語弊があるかもしれませんが、
「大金星」なわけです。
これまでの彼女の努力を知ってる人は
それはうれしかったでしょうね。

そしてその勢いをそのままに、
今年のじゃんけん大会では何と6位。
彼女自身初の、シングル選抜として
「上からマリコ」という曲を
歌うことになりました。
このチャンスを、逃してほしくないですね。
頑張ってほしいです。
今でも、料理番組に出たいからって
調理師の専門学校に通ってるらしいです。
どこまでも、努力家ですね。


さ、今回は以上です。
次回は...
あらら、この人のこと、全然知らないや。
大丈夫かな。
SKEの大矢真那さんです。

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する